読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もいい天気

私が見た映画の評価を書いていくブログです. 特に面白いことは言えませんし, 日本語も堪能ではありません. 個人的な評価のため文句を言いたくなるかもしれませんが, 心にしまって置いて下さい. よろしくお願いします. 基本的にネタバレは一切しません. 記事を見て観てみようかなぁと思って頂けたら, 空をも飛べる気持ちになります. たまに違うことも書くかもしれません.

鑑定士と顔のない依頼人

映画

-あらすじ-

物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは、天才的鑑定眼をもち、世界中の美術品を仕切る一流鑑定士にして、
オークショニアのヴァージル・オールドマン。
それは、資産家の両親が亡くなり、屋敷に遺された絵画や家具を査定してほしいという若い女性からの、
ごくありふれた依頼のはずだった。
ところが──依頼人は嘘の口実を重ねて決して姿を現さない。ヴァージルは不信感を抱くも、屋敷の床にもしそれが本物なら
歴史的発見となる、ある美術品の“一部"を見つけ、手を引けなくなる。
やがて、彼女が屋敷の隠し部屋で暮らしていることを突き止めたヴァージル。
決して部屋から出てこない彼女と壁ごしのやり取りを重ね、我慢できずに姿を覗き見たヴァージルは、
美しいその姿にどうしようもなく惹かれていく。ところが、ある日、彼女が忽然と姿を消す─。
果たして奇妙な鑑定依頼の本当の目的とは?ヴァージルの鑑定眼は本物か、節穴か?
謎はまだ、入口に過ぎなかった──。

f:id:AyatakaExtra:20161104020924j:plain

 

何か面白い映画無いかなーとTSUTAYAにて映画を探していた所, 表紙に惹かれて何も調べずに借りました. 表紙的にモネ・ゲームのような映画かなぁと思って借りました.

 

-良い点-

 まず, 映画にぐっとのめり込むほどの怒涛の展開ではらはらドキドキでした. 前半と中盤と後半で私自身のテンションがかなり上がり下がりし, 退屈だなぁと思う時がありませんでした.

 見終わった後に考えると, 俳優さんの演技がとても素晴らしく, なるほどぉ…と深く考えさせられました. 更に, 伏線が序盤から散りばめており, 少し難解ではあったものの, 最後は色々と考えさせられました.

 後, ベッドシーンが結構多く, おっぱいもいっぱい写りました. 嬉しかったです.

 

-悪い点-

 ネタバレなので深くは言えないのですが, 観後感は割りと落ち込みますし, 最後のシーンはうわぁ…と苦しくなります. ハッピーエンドというのはその人次第だということが良く分かりました.

 

-まとめ-

 見終わった直後は, なんだよ, この糞落ち込む映画は…と思い最悪の評価でしたが, よくよく考えるとしっかり考えられており, 納得のいくことばかりでした.

 まんまと手のひらで踊らされていたな. と感じました. 落ち込みはしますが, 見て損はない映画だと思います. 今考えると, 面白い作品だったと思います. 10点満点で9点です. 何度見てもその伏線の多さに驚くと思います.

 後, 美人な白人さんのおっぱいは正義です.