読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もいい天気

私が見た映画の評価を書いていくブログです. 特に面白いことは言えませんし, 日本語も堪能ではありません. 個人的な評価のため文句を言いたくなるかもしれませんが, 心にしまって置いて下さい. よろしくお願いします. 基本的にネタバレは一切しません. 記事を見て観てみようかなぁと思って頂けたら, 空をも飛べる気持ちになります. たまに違うことも書くかもしれません.

荒野の七人

映画

-あらすじ-

毎年、野盗に襲われるメキシコの寒村イストラカン。そこで村の長老は助っ人を雇うことを決意する。わずかな報酬にすぎなかったが、農民達の熱意に打たれて7人のガンマンが集まってきた。着々と進む戦いへの準備!思わぬ農民たちの抵抗により、いったんは逃げ帰った一味だったが…。

f:id:AyatakaExtra:20161113014341j:plain

-初めに-

 この映画のことを初めて聞いたのは, 『大脱走』を見終えた時に, 『大脱走』を見たなら, この『荒野の七人』も見ると良い, と友人から言われた時でした. 因みにその友人のおすすめ映画でした. この映画の話を聞いた時に, 絶対に見よう!と思ったものの若干私生活が忙しくなり, 既に見ようと思っていた映画が幾つかあったことから, 結局見れずじまいでした.

 しかし, 最近になって映画の新作予告を見ていた所『マグニフィセント・セブン』という名の面白そうな映画が公開されるということが分かりました. その予告中には『七人の侍』, 『荒野の七人』のリメイク作品, と書かれており, ここで『荒野の七人』を次に見ようと決めた次第です.

 

-良い点-

 まず思ったのは『大脱走』の時と同様に, OPから曲が印象的でした. しっとりとした中に力強さのある曲だと思います. 音楽は良いものですね.

 ザ・王道!というストーリーで, わかりやすいかつテンポが良い. 正義vs悪, これ以上に分かりやすいテーマは無いと思います. 仲間を集めるシーンがあるのですが, そこのサクサク感が好きでした. 全員が嫌々集まるのではなく, よっしゃやってやるか! といった感じで,集まるので, 仲間が集まっていくシーンはドキドキとワクワクが止まりませんでした!

 ガンマン系で人を殺していくのですが, ヘイトフルエイトのようなグロテスクなシーンは全くありません. 申し訳程度の血は出ますがw グロテスクは無理ではありませんが, 見ていて気持ち悪くなるようなものもありますから….

 とっさに乗馬するシーンやガンプレイ, 衣装などが非常に格好良い. 浪漫ですね.

 

-悪い点-

 私的にですが, 恋愛要素は別に無くてもよいのでは…? と感じました. まあ、無い方が絶対に良い! ってわけでもないですが. あ、料理を配膳するシーンは笑いましたw

 もう少し, ここ! って感じの押しのシーンが欲しかったかなぁ. と思いました. 後半の戦闘に備えるシーンはドキドキしましたが, いざ始まるとあっさりしすぎてて, 消化不良気味でした.

 悪役がそこまで言うほど悪役じゃないって所に違和感がありました. 悪役過ぎると雰囲気が壊れるのかなぁとも思いましたが, もう少し盗賊感があってもいいなぁ.

 

-まとめ-

 西部劇の男の浪漫, 意地, 誇りが詰まった映画です. くぅ~格好良い!! と何度思ったことか. 後は, 音楽が素晴らしいと思います. 音楽の力って凄い!

 最高なところもあれば, うーん…と思ったところもありました. 評価をしようとすると, どうしても『大脱走』と比較してしまう. 私が『大脱走』をかなり気に入っているということもありますが, 時代と配役からもどうしても…. 私の『大脱走』は10点満点評価で10点ですので, そこから考えると, 『荒野の七人』は10点満点評価で8.5点と言った所でした.

 時代を感じさせる良い映画だと思います. 良い作品はいつになっても衰えないですし, 浪漫と感動を貰えるということを再度教えてもらいました.