読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もいい天気

私が見た映画の評価を書いていくブログです. 特に面白いことは言えませんし, 日本語も堪能ではありません. 個人的な評価のため文句を言いたくなるかもしれませんが, 心にしまって置いて下さい. よろしくお願いします. 基本的にネタバレは一切しません. 記事を見て観てみようかなぁと思って頂けたら, 空をも飛べる気持ちになります. たまに違うことも書くかもしれません.

市民ケーン

映画

-あらすじ-

 ある日、ひっそりとした大邸宅で新聞王のケーンは「ばらのつぼみ」とつぶやきその生涯を終えた。彼の生涯をまとめた記録映画のプロデューサーのロールスト ンは作品の試写を見て、どこか物足りない思いでいた。「もっとケーンという人物に深く切り込んだ内容にしたい。彼は一体どんな男だったのか?」。ケーンと いうほかに類を見ない人物の謎を解くヒントが、彼の遺した言葉「ばらのつぼみ」にあると確信をしたロールストンは、記者のトンプソンにその秘密を解くよう に指示を下す。トンプソンは、ケーンと近い関係にあった人々を訪ねていくのだが・・・。

f:id:AyatakaExtra:20170213114340j:plain

 

 

-きっかけ-

 おすすめの映画という様々なサイトで毎回出てくるこの映画。制作は1940年代ということで少し古いが、かなりのおすすめ度。ということでどんなに面白い映画なのかと思ったため、視聴することにした。

 

-良かった点-

 制作の年代からして当然なのですが、白黒映画です。ですが白黒映画にしては、表現が広く、迫力がありました。ここは非常に驚きました。

 ストーリーは、可もなく不可もなく、と言った感じのストーリーでした。物珍しい感じではなかったです。(良かった点なのか…?)

 

-悪かった点-

 そこまで言うほど面白いか…? という印象を持ちました。うーん、公開当時ならばこの映画は素晴らしいと思います、が時代が時代。私自身、あまり好印象は持ちませんでした。逆に、面白い面白いと言われすぎたのが原因で、気持ちが先行しすぎたのかな―と思いました。

 

-まとめ-

 時代が悪い!!!!!!!!としか言いようがありません。

面白くない、ってことはない…かもしれないけど、退屈でした。静かだし。

あとあと、市民、ケーンってケーンは人の名前なので。市民権ではありません。

10点満点中6点です。